投稿

毒親について気軽にご相談ください(2022年9月6日更新)

毒親相談会のご案内

イメージ
ご来訪ありがとうございます。 毒親についての悩みは、人に相談しづらい。 親を毒親だと思うことに、罪悪感がある。 毒親と絶縁後、幸せに生活できるか不安。 そんなお悩み、ありませんか? あなたの幸せに向け、ご相談ください。 ●LINEのお友だち登録について お友だちは、無料で相談できます。 (LINEについては後述でも補足) 【相談のプランについて】 匿名で相談できます。 ①オンライン通話相談 8割の方が利用する1番人気のプラン ・ 申込方法 ・ 口コミ (アンケート) ②対面相談 管理人に会いたい方から好評のプラン ・ 申込方法 ・ 口コミ (アンケート) ③メッセージ相談 yes/noで簡潔な説明が欲しい方へのプラン ・ 申込方法 ・ 口コミ (アンケート) 【参考:管理人のプロフィール】 ・ プロフィール (年表) 【参考:アンケートについて】 合計53件(相談会が22件、オフ会が31件掲載(2022年9月時点) ●オフ会のアンケート ・ 2020年10月開催 ・ 2020年12月開催 ・ 2021年5月開催 ・ 2021年10月開催 ・ 2022年3月開催 ・ 2022年9月開催 ●毒親問題が解決した方のアンケート ・ アンケート 【補足:LINEについて】 ブログ管理人のLINEは、2022年8月に友だちが300人を超えました。 多くの方が、相談先として選択しています。 安心してご相談ください。

絶縁後の生活:2022年9月(絶縁から3年0か月目)

毒親との絶縁から、今月で3年が経過します。 幸せすぎて、苛立ちも悲しみも憎しみも悔しさもありません。 あの、絶縁当初の、湧き上がる気持ちはなんだったのでしょうか?(笑) 先日、対面相談をした方から、「髪伸びてません?」と聞かれ、 「ブログ開設当初から、アイコン変えてないから、髪がロングになってるのが反映されてない!」と気づき、 あぁ絶縁から3年経ってたんだ、と気づいたくらい、自分が毒親育ちで苦しかったことを忘れてました…。(そして、そそくさとアイコンを変更。笑) というくらい、めちゃくちゃハッピーです!

はじめに(番外編)ー管理人の絶縁年表ー

イメージ
私の絶縁までの歩みについて、年表の形式でまとめます。 私の生活の状況が変わりましたら、随時更新をする予定です。 これから、毒親問題についてお悩みの方や、毒親との絶縁について検討される方にとって、参考になりましたら幸いです。   年 表   ※2022年8月更新 1993年8月 母の実家の茨城県で生まれる。直後に、両親が住む東京都内のマンションへ転居。 (成人してから思い返すと、幼少期から母親からの虐待にされされていましたが、この頃は違和感を抱きつつも比較的普通に生活していました) 小学校1年生(2000年) 父の実家(東京都世田谷区)へ転居。 父方の祖父母と両親と私、5人での生活。家庭環境悪化。 家族と時間をともに過ごすことが苦痛だけれども、子どもでお金もないので、図書館か自室にこもって読書ばかりしておりました。(読書なら引きこもっても怒られなかったので) 正直、「死にたい」と希死念慮を明確に抱き出したのは、この頃からでした。 それから、毒親と絶縁するまで20年ほど「死にたい」「消えたい」と思っていました。 高校1年生の春休み(2010年3月) 父が急性くも膜下出血で急死。家庭崩壊。 父が亡くなった数ヶ月は「DV夫のハネムーン期」並みに穏やかだったけれども、6月頃から家庭が毎日戦場なくらい荒れ模様。 高校2年生の春休み(2011年3月) メンタル不調の母とともに、祖父母の家を出ようとしたところ、祖父母に勘当される。 祖父母と別居し、母・娘で暮らす。 高校3年生の終わり(2012年) 大学受験成功。 世間体を気にした祖父母が、同居再開を希望し、再同居。 大学3年生(2014年頃) 母が、新興宗教の信者の男性と結婚を前提に交際を開始(母は交際相手と半同棲)。 母が遺族年金の不正受給を始める。 大学4年生(2015年頃) 試験に合格し、在学中に就職先が決まる。 2019年1月下旬(社会人3年目の終わり頃、25歳) 祖父母との別居を開始。 私の名義で2DKのマンションを借り(世田谷区内。毒祖父母宅から徒歩20分)、母に一部屋貸す。 なお、住民票をマンションに移そうとしたところ、母が「相続で不利になる!!」と思い込み&激怒したため、住民票は数カ月、祖父母の家のまま。 2019年4月下旬 母からの、暴力・暴言・脅迫・搾取が激化。 近い将来に母と絶縁することを本格的に検討する。

具体的な逃げ方(番外編)ー事実婚をする際の住民票閲覧制限の手続ー

イメージ
毒親から逃げたい、絶縁したい…と本気の方。 ぜひ、ブログ管理人にご相談ください。 2022年8月には、LINEのお友だちが300人を超えるなど、 多くの方から安心・安全な相談先として選ばれています。 また、お金がない方は 無料で相談できます 。 こんにちは。 2022年6月に、私が事実婚を選択し、住民票に閲覧制限をかけたので、手続き方法をシェアします。 基本的には、基本の住民票の閲覧制限と大差ないので、まずは、そちらの記事をご確認ください。 (基本の住民票の閲覧制限の記事) https://behappyfreedom.blogspot.com/2019/10/blog-post_98.html 【手続き概要】 ①転居先の自治体に連絡し、事実婚(住民票上の、「夫(未届)」「妻(未届)」)を選択することと、住民票に閲覧制限をかけたいことを伝える。 ②自治体から伝えられた方法に則り、住民票の閲覧制限に必要な事前手続き(転居先の所轄である警察への相談など)を済ませる。 ③転出元自治体で、転出手続きをする。 ④転入先自治体で、転入手続きをする際に、パートナーと2人で自治体の転入手続き窓口に行く。 ⑤身分証明書を提示し、事実婚の宣言、転入手続き、住民票の閲覧制限手続きを全て1回で済ませる。 【補足】 ・どちらか片方だけが窓口に行くことを認めている自治体もありますが、なんらか本人確認(事前に自筆で同意書の記入、当日に電話で対応、など)が求められます。 ・事実婚の宣言は、自治体により書式や文面が異なりますので、最初に転入先自治体に連絡するときに確認してください。

婚約者の母親が毒親だったので、事実婚を選択することにしました 〜 絶縁後の生活:2022年7月(絶縁から2年10か月目)

お久しぶりです。 今日は、久しぶりに、自分の生活について、お話しします。 タイトルが衝撃的(ある意味「笑劇的」)で、びっくりされている方もいるかもしれませんが、 私はめちゃくちゃ元気です(笑) 何があったか、概略をかいつまんでお話ししますね。 お付き合いしていた男性がメンタル疾患になり、別れてほしいと言われ、彼と別れました(2021年初夏)。 が、メンタル疾患で自殺しかけていた彼を放っておけなかったので、彼を精神科に連れて行ったり、 彼がお母さんにケアしてもらえるように手配し、一息ついたのが、2021年夏でした。 そこから一念発起して、婚活を始め、2021年秋から結婚を前提に別の男性と交際を始めました。 2021年冬にプロポーズされ、彼のご家族も喜んでくださり、2022年夏又は秋ごろの入籍を目指して、活動していました。 が、私の仕事の都合を考慮し、前倒しで同棲&入籍をすることにしました。 彼のご家族も、前倒しで色々と手続きを進めていくことを了承したのですが…。 なんと、 私が彼の家に転居する数日前に、彼のお母さんが「別れないなら、あの女(私)を殺す」と大暴れ (爆笑) 私に対して、「仕事をやめろ」「嫁として嫁いでくる気がないのではないか」 と一方的に難癖をつけてきたのです。 さすがに、温厚な彼も激怒しました。 ・ゆうこさんに対して、非常に失礼。 ・同棲を許可したのに、引っ越し業者や退去の手配も済んでいる段階で反対するのは、非常識。 ・どんなに反対されても、結婚する気持ちは変わらない。 ←火に油(笑) …と、感情の問題、つまり、彼の気持ちと怒りはありがたいのですが、現実問題と向き合わなければなりません。 色々な手続きもしてしまいました。さて、どうするか…。 彼のお母さん、かなり発狂してしまっていて、 私を殺しそうな状況 でした。 2人で悩んだ末に、住民票は彼の世帯に事実婚として移し、 身の安全のため、私は、彼の家から徒歩数分のところのマンションを借り、そちらに私の荷物を移しました。 ※ 事実婚 状態で、 住民票に閲覧制限をかける 手続きをしました。 住民票を彼の世帯に移すことで、彼の母親が「子どもの住民票の写しを請求する系統の、ヤバい人」かどうかも分かり得るので、 彼の母親との今後の関係性に

住民票閲覧制限中でも、マイナポイント第2弾は申し込めます

イメージ
2022年6月30日から、いわゆる「マイナポイント第2弾」が始まりました。 【記事の要点】 ・住民票に閲覧制限をかけている方(マイナンバーカードの利用に制限がかかっている方)でも申し込みができます。 ・たった十数分程度で1.5万円、人によっては最大2万円分のマイナポイントが得られます。 【手続き】 ①2022年9月末までに、マイナンバーカードを取得する ・マイナポイント:5,000円分のマイナポイントがもらえます。 ・注意点:マイナポイント第1弾に申し込んだ方は、ポイントを得られません。   また、申し込みから取得まで2か月前後かかることもあるので、お申込みは早めに。 ・手続き:下記のページを参照 ※不明点はお住まいの自治体に確認してください。  https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/ ②2022年9月末までに、マイナンバーカードを健康保険証として利用申込みをする ・マイナポイント:7,500円分のマイナポイントがもらえます。 ・補足:「マイナポイント第2弾」開始前に利用申し込みをした方もポイントがもらえます。 ・手続き:マイナポータルのトップページから、保険証利用の申し込みページをクリックし、手続きを進める。  https://myna.go.jp/ ③2022年9月末までに、公金受取口座の登録をする ・マイナポイント:7,500円分のマイナポイントがもらえます。 ・補足:「マイナポイント第2弾」開始前に登録をした方もポイントがもらえます。 ・手続き:当サイトの以下のページを参照。  https://behappyfreedom.blogspot.com/2022/04/blog-post.html ④キャッシュレス決済サービスの事前登録の必要性の有無を確認する ・マイナポイントを利用できるキャッシュレス決済サービスの一覧から、事前登録の必要性の有無を確認する。  一覧は以下です。  https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/service_list/service_possible.html ・注意点:利用したいキャッシュレス決済サービスによっては、事前登録が不要です。 ・手続き:事前登録手続きが必要な場合、そ

【情報共有】公金受取口座を登録しましょう

【はじめに】 「公金受取口座」を聞いたことがありますでしょうか。 国や自治体から公金(お金。給付金や手当など)を受け取るに当たり、 今後はマイナンバーに紐づける形で、事前に口座の登録が必要となります。 (参考)デジタル庁ホームページ  https://www.digital.go.jp/policies/account_registration/ 【なぜ、公金受取口座なのか】 2020年に、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、 国民一人に10万円ずつ、一律で支給されたことを覚えていますでしょうか。 あのときに、以下の問題がありました。 ・振込先を登録するよう  住民に手続きをしてもらう必要があり、  迅速にお金を給付することができなかった。 ・一人一口座ずつ登録する行政負担から、  世帯主に振り込まれる制度としたため、  DV夫に給付金を取られてしまった。 このような問題に対応すべく、制度改正が行われ、 今後は、一人に一つずつ配布されるマイナンバーに、 一つずつ公金を受け取るための口座を事前に登録し、紐づけ、 登録された口座にて公金を迅速に受け取れるようになります。 【公金受取口座の登録方法】 公金受取口座の登録は、以下の3つの方法で可能です。 ①マイナポータルでの登録(令和4年3月28日開始) ②所得税の確定申告の際の登録(令和4年1月4日開始) ③金融機関の窓口等での登録(令和5年度下期以降開始予定) 一番簡便なのは、「①」ですので、①について解説します。 【マイナポータルでの公金受取口座の登録方法】 1 マイナンバーカードを取得する。 2 マイナンバーカード取得時に得た、4桁の暗証番号をメモしておく。 3 マイナンバーカード読取対応のスマートフォン(または、パソコン・ICカードリーダライタ)を用意する。 4 3の端末に、マイナポータルアプリをインストールする。 5 以下のページから、利用登録の手続きを進める。  (マイナポータルの公金受取口座の登録ページ)https://myna.go.jp/html/account_information.html ちなみに、私は、確定申告で還付金受取口座を登録したところ、 その受取口座が今回の公金受取口座に自動的に登録されました。(

【注意喚起】災害時にテレビやネットで氏名や住所が公表される?!【毒親に住所バレ】【防ぐ方法は?】

【概要】 現在、災害時に安否不明者を捜索を効率化する方法の一つとして、「氏名等公表」が注目されております。 住民票に閲覧等制限をかけないと、災害時に「連絡が取れない人(安否不明者)」とされた場合に、 氏名と住所が報道機関を通じて公表され、毒親に所在がバレる懸念があります。 【背景】 令和3年の熱海の土石流、平成30年7月豪雨など、 災害が発生したときに、安否不明者の氏名等(自治体の多くは、氏名・住所・年齢・性別)を公表することで、 安否不明者本人からの「私、友人宅にいるから無事だよ」や 安否不明者の知人からの「その人、避難所にいたよ」といった情報提供などを通じ、 「本当に災害で安否が不明な人」を絞り込み、 捜索活動の効率化につなげていく、という「氏名等公表」が近年注目されております。 現在、この氏名等公表については、地方公共団体が、 それぞれの個人情報保護条例に基づき、法律(条例)上の整理を独自に行い、対応しております。 ところが、令和3年に個人情報保護法が改正され、 令和5年春以降は、地方公共団体が独自に判断していた個人情報保護条例に基づく運用が改められ、 国の個人情報保護法に則った、国が指針によって示した方向性に沿って、 氏名等公表が行われることになります。 【現状】 内閣府が行った調査によると、47都道府県のうち令和3年12月時点で 30団体が、氏名等公表に関する指針を策定しております。 しかしながらですね… 例:神奈川県 安否不明者は(住民基本台帳の閲覧等制限の有無にかかわらず)氏名等公表される  →閲覧等制限をかけていても、災害時に安否不明者になったら、   氏名などが公表される  (神奈川県HP)神奈川県地域防災計画 https://www.pref.kanagawa.jp/docs/j8g/cnt/f5150/ 例:群馬県 住民基本台帳の閲覧等制限をかけている場合は、氏名等公表はされない  (群馬県HP)群馬県自然災害における被災者氏名等の公表に関するガイドラインについて https://www.pref.gunma.jp/05/am49_00050.html など、自治体によって、氏名が公表されるか、そしてその基準は、まちまちです。 ※上記の例は、2022年3月24日本記事執